編集マシン(2018年現在)

  • マザーボード(ASUS P8B75-M LGA1155)
  • CPU(Intel Core i5 3470S)

第三世代 i5 CPU
重いレンダリングするにはやや力不足ですが、それ以外は問題ありません。
ちなみに初代電脳絵巻は初代Pentiumで作ってました

  • メモリ(16GB DDR3 PC3-12800 4G☓4)

プレビューが早くなります。
4G以上のメモリを載せる為には64bitのOSが必要です。

  • SSD(Transend 120GB SATA-III 6Gb/s SSD220)

OSとアプリケーション用に使っています。

  • HDD(7TB)

a)Western digital WD20EADS(Green)☓2 Miller(2TB)
データ保存用。ミラーで利用しています。
b)Western digital WD20PURX(Purple)(2T)
編集用。
c)Western digital WD10EADS(Green)(1TB)
バックアップ用。

  • GPU(NVIDIA GeForce GT-1030)

Adobe社のCUDAテクノロジーに対応しています。
PhotoshopやPremireの描画(プレビュー)が早くなったり、ビデオデータのエンコードが早くなります。
※AfterEffectsのレンダリングなどはCPUパワーに影響するので早くはなりません。