フォントの話

よく使うフォント

テロップ系
  HGSゴシックE、HGP英角ゴシックUB
       TT-JTCウインM10P(EVA Font)、漫画用ゴシック&明朝
字幕用
  HGSゴシックE、しねきゃぷしょん
アルファベット
  Century、Century Gothic、Arial Gothic、Impact

デザイン性重視のため太めのフォントが多いです。Centuryはバランスも良くオシャレな印象で使いやすいです。なにげに一番使用が多いのはEVAフォントでしょうか。

オープニングタイトルのロゴは特殊なフォントが多いので、さまざまなサイトから類似のフォントを探してきます。

フォントの特徴

明朝体の特徴

上品で美しく、文章を伝えやすい。繊細さや優雅、はねや溜りなどの動きがあるのが特徴。洗練された女性的な印象。

ゴシック体の特徴

太さが均一で視覚性に優れ、イメージを伝えやすい。太めのゴシック体は安定感や力強い印象ですが、細くなると洗練された女性的な印象になります。

 

タイトルネーミングの話

タイトルのネーミングは大事です。
あくまでも“っぽい”ことが大事です。

また、個人的には英語より日本語を使うよう心がけています。数秒という短い時間で、わかりやすくメッセージを伝える為には日本語がいいですね。

ゴロがいいもの。
インパクトがあるもの。
覚えやすいもの。

第一印象で、組み合わせの意図が伝わることが大事です。

逆に「なんのこっちゃ!?」と思わせるのもMADの手法の一つです。

進行管理の話

しんこうかんり【進行管理】

進行管理とは、プロジェクトに携わっている人々の作業の進行具合を把握し、本来進めるべきタイミングやスピードとのズレを修正していく仕事です。

MADにおける進行管理

一人作業なので実際の進行管理と異なりますが、30分ものMADを全て平行作業で進めるには、細かなスケジュール管理が必要になってきます。

たとえば「Mad:CREATORS」に半年かけると決めたときのスケジュールがこちら。

1.企画・検証 0.5ヶ月
2.ペンタブ練習0 .5ヶ月
3.静止画パート 1週間×8人=2ヶ月
3.動画パート 1ヶ月
4.実写パート 1ヶ月
5.タイトル 0.5ヶ月
6.編集 0.5ヶ月
7.撮影 平行で2~3ヶ月

スケジュール管理を意識することで、正確に6ヶ月で完了することができました。

 

コンテの話

えこんて【絵コンテ】

(えコンテ、英: storyboard)は、漫画、映画、アニメ、テレビドラマ、CM、ミュージックビデオなどの映像作品の撮影前に用意されるイラストによる表であり、映像の設計図と言えるものである。

<絵コンテ例>
MADビデオにおけるコンテ作成

「Mad:CREATORS」のようなに作業が膨大になる時は、コンテ(設計図)が必要になってきます。

コンテを参考にしながら、撮影スケジュールの調整、映像の検証、エフェクトの検証、フォントの検証などを行います。

コンテ作成ツール

私がいつもコンテ制作に使っているのが「 Microsoft OneNote」です。

OneDriveと連動することで、スマートフォンデバイスや会社のPCからも接続することが可能になり、ネタ帳代わりに活躍してくれます。さらに、どんなファイルでも添付することができるので、メールを使うより楽です。

Windows10の標準装備のアプリケーションなので、ぜひお試しください。