切り抜きの話

自動選択ツールを使って切り抜く方法

“自動選択ツール”を選択します。

削除したい色を選択すると、自動で選択範囲が作成されます。

[SHIFT]を押しながら他の色を選択すると、選択範囲が拡張されていきます。

おおざっぱに選択が完了したら “クイックマスクモード” に切り替えます。

選択された範囲は透明に、残された範囲は赤く表示されます。

“自動選択ツール” で消しきれない余分なヶ所を修正します。
赤いヶ所は消しゴムツールで消すことができます。

また赤い領域を追加したい場合は、ブラシツールで追加することもできます。
この作業は、タブレットがあるととても楽です。
(マウスでやると、腱鞘炎になること必死)

“クイックマスクモード”を解除すると、透明な場所が選択範囲として表示されます。

[Delete] を押すと、選択範囲が削除されます。

境界線がうまく切り抜けない場合は、選択範囲のツールの “滑らかに” や “境界線をぼかす” を適用すると、うまくごまかすことができます。

自動選択ツールを使用して画像を切り抜く方法(Photoshop CS6 ~ CC 2015)

マジック消しゴムを使って切り抜く方法

“マジック消しゴム” を選択します。

消したい色を選択すると、“自動選択” と “削除” が同時に行われます。

どんどん消していきます。

消しきれないヶ所が残ったら、“選択範囲を読み込む” を選びます。

ここで “選択範囲の反転” をするのがミソです。

“クイックマスクモード”にすると、画像が残っているヶ所だけ赤くなります。
先に説明した方法で、赤いヶ所を消し、その後削除をすると-

 

下記のように、対象の部分だけ残ります。

パスを使った切り抜き方法

直線的な切り抜きをしたい場合は、ペンツールを使ってパスを作ることもあります。(Photoshopのベジェ曲線が使いづらいので、この場合もっぱらClipstudioでやることがあります。)


 

コメント

「背景消しゴム」「マジック消しゴム」は、PhotoshopがCSシリーズになってから実装された機能だったと思うのですが、以前は自動選択によるマスク作成が主流でした。

では現在「自動選択」は何に使うのか?というと、一発できれいに抜けないとき、自動選択でざっくりマスクを作った後、手作業で補正していく場合などに使います。最近のアニメはノイズなど無いので、マジック消しゴムでズバズバ消していけるのですが、ノイズの多い映像や、暗い画像など、手作業でちまちま消していく必要があります。そのため、テレビが完全デジタル化される以前は、動画の切り抜きなど正気の沙汰ではなかったわけです。(当時それをマウスでやってた私は、腱鞘炎になりました。)

アニメーション撮影の話

さつえい【撮影】

背景、被写体、可動パーツ、エフェクト、前景や小物のセル画を重ね合わせ1枚の画にする作業。以前はフィルムで撮影していた為こう呼ばれていたが、デジタルアニメでは動画と背景を合成してひとつの映像データにする工程が撮影と呼ばれている。

手書きアニメーションの撮影作業

行っていることは同じです。作成した背景(元のソース)、キャラクター、CG、前景素材、をAfterEffectsで重ね合わせ1枚の画を作ります。この作業を繰り返し1つの動画が完成します。

TVアニメーションは1秒24コマで制作されますが、1フレーム/1枚とは限りません。2フレーム/1枚だったり、スローシーンだと5フレーム/1枚だったりするので、動きを見ながら1枚づつフレームの長さを変えていきます。

「撮影」は動きの表現だけではなく、感情や印象を作り出す為の大事な作業の一つで動画作りと同じく根気のいる作業です。

曲が先か映像が先か?の話

自分は曲先行が圧倒的に多いです。
(これは人によりますが。)

理由は曲の方が完成形をイメージしやすいからです。
極端な話、映像は変えが効きますが、曲は変えが効かないのが一つの理由です。

もちろん、好きなアニメがあって、どうしてもこれを使いたいという場合もあります。その場合は、あえて合わない組お合わせなど、意外性という手法に切り替えます。雰囲気で選ぶと大体失敗するので・・・

タイトルデザインの話

タイトル名が決まったら、タイトルロゴの制作方法を検討します。デザインする方法には、様々な方法があります。

主な制作方法

1.テキストや画像をパッチ(貼り付け)する。
2.似たフォントを探す(フォントの話
3.切り抜きをして加工する
4.フォント(ロゴ)の規則性を解析し、新たな文字を描き足す。
5.アニメのタイトルロゴジェネレーターを使う。
  (タイトルロゴジェネレーターLink集

 

画質調整

MADをの画質調整

Aの映像とBの映像を合成した場合、明るさや質感が馴染むようエフェクトを加える作業が画質調整です。

カラー補正

よく使う画質調整のエフェクトです。

シャドウ・ハイライト/トーンカーブ/レンズフィルター/照度&コントラスト/自動カラー補正/自動コントラスト補正/自動レベル補正/色合い/色相/彩度/露出

画質調整の例

背景と馴染むよう、ブラー(ハードライト)、レンズフィルター、レベルを追加した例です。