MADと著作権法、非親告罪でどう変わるか?

こういうタイトルをつけるとガッツリGoogleに引っかかるんですが、この記事を見ても見なかったことにして下さい・・・

この記事は、私の個人的な備忘録です。

あなたの胸の内でぜひ議論して頂ければ幸いです。

【民法】喧嘩の仲裁をする決めごと。
【刑法】喧嘩の決着がつかないとき白黒つけるもの。
【著作権】民法における知的財産権の一つ。
【親告罪】告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪(刑法)。
【非親告罪】処罰を親告罪ではなくすること。

知的所有権における“権利”とは、著作者の得るべき収入であったり、ライセンス、発案物の第三者に対する対抗要件であったり、つまり他人に勝手に使われて本人が損失を被った場合、その利権者を守る為の法律です。

著作権が“罰する法律”に議論なりがちですが、喧嘩がおきた場合に仲裁をするのが民法の役割となります。

で、知的所有権法で非親告罪が適用されたらどうなるのか?

今までは損した権利者だけが訴えを起こす権利を有していましたが、非親告罪になるとどうなるかというと、誰でも訴えることができるようになるということです。

「あいつムカつくから訴える」というのもアリです。

ただし無作為に通報できるわけではなく、著作権法で違反される行為と目的が定義されています。

(目的)
行為の対価として財産上の利益を受ける目的(有償著作物等の提供若しくは提示により)著作権者等の得ることが見込まれる利益を害する目的。
(行為)
有償著作物等について、原作のまま複製された複製物を公衆に譲渡し 、又は原作のまま公衆送信[注 2]を行うこと。有償著作物等について、原作のまま複製された複製物を公衆に譲渡し 、又は原作のまま公衆送信[注 2]を行うために、当該有償著作物等を複製すること。上2つの行為は、当該有償著作物等の種類及び用途、当該複製の部数及び態様その 他の事情に照らして、当該有償著作物等の提供又は提示により著作権者等の得ることが見込まれる利益が不当に害されることとなる場合に限る。

今までは

  • 要は知名度が上がるからいいや
  • 告訴しても金かかるからいいや
  • 少額なのに膨大な事務手続きが発生するからいいや。
  • むしろ教育投資無しに未来を担うオタク育成に貢献してもらってるからいいや。

というのが日本の、いやオタク産業のスタンスだったのですが、欧米の文化は告訴してナンボ。

日本ゴルァ!何ヌルいコトぬかしてんのや!!

と物申してるのが

「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)関連法案国会審議」

という組織です。

「だって~、コミケでオタク産業が一番潤ってるしぃ~」と、時の安倍首相がいったとか言ってないとか。。。
だだこねて一部にしてもらったのが
「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」の見解です。

 

 

↓ここからは、わたくしの勝手なヒトリゴトです

結局のとこMADはどうなのか?

白か黒かは、我々が判断することではなく法が決めること。

抵触 ≠ 違反 ≠ 罪

MADは法に抵触はしているが、法が審判を下さない限り罪では無いと言えます。
が、これ以上の発言はここでは控えさせて頂きますm(_ _)m

例えば、逆過失相殺になった場合、つまりMADを作ることによって布教が促進され、利権者側があきらかに収入が増加したらどうなるのか?MAD製作者は債権(請求権)を得られるのか?

まぁ、そんなことないですけどね。。。
でも、それを訴えようとする人間を、世間は逆に訴えようとするでしょうけど。

まずは正しい知識を理解して下さい。
そんな感じです。

MAD編集者よ、胸をはってやれ!!
我々はオタク産業を支える影の編集師なのだ。

 

(2018/12/15 追記)

酔っ払ってて書いたので少し追記です・・・

欧米文化の「非親告罪」が取り入れられたら、日本文化の「ニコニコ動画」と、欧米文化の「YouTube」のどちらに優劣がつくかは言わずもがな・・・?

または「MAD上映会文化」が再び脚光を浴びる時代が到来するのでは?というのが私のシナリオの一つなのであります。

 

(参考LINK)
ノート:日本の著作権法における非親告罪化

著作物の正しい使い方&親告罪もしくは「二次創作は権利者が訴えなければ犯罪ではないのか?」

「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」 安倍首相が国会答弁で見解

コミケや二次創作ができなくなる!? 「著作権の非親告罪化」という大問題【山田太郎と考える「表現規制問題」第1回】

環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律

同人誌など二次創作物の著作権侵害、「非親告罪化」しない方向 文化庁委員会で議論

ビデオキャプチャという作業(アナログ時代)

Windowsが登場した1995から2005年頃までは、VHSが映像メディアの主流で、ビデオテープからパソコンへ映像をアナログキャプチャするという方法が主流でした。

HDDの容量も10GBとか、今のディスクの1万分の一という、想像もつかないほど極小な容量だったので、大量のビデオテープの中から欲しいシーンだけ探し出し、秒単位でキャプチャするという根気のいる作業でした。
(アナログ編集してた先人達は神業としか言いようがありません。)

この作業がほぼカット割りに直結するので、全体の半分を占めると言っても過言ではありません。

とにかく、このキャプチャ作業時は、コマ落ちを防ぐ為にパソコンに触れないといういうのが鉄則です。

最近古いDVテープからパソコンへ吸い上げる作業してるのですが、昔の記憶があるので怖くてさわれません・・・

MADは二次か・創作か・クリエイティブか

この話は書いては消し、書いては消し、もう何年も考えてきたとこなのですが、自分の中ではもう結論は出てたのでここで書いてみます。

この話題は爆弾になるので、ずーーーーと我慢してきたとこなのですが、やっぱりちゃんと認識してもらいたい。

MAD二次創作ではない。
何者にもなれないMADは、解釈の二次創造なのだ。

【創作】最初に作り出したもの
【二次創作】複製権・同一性保持権を侵害しておらず、本質的特徴を失っていないもの。
【クリエイティブ】創造性・創作性。新奇で独自かつ生産的な発想を考え出すこと、またはその能力。

MADは二次創作か

まず、二次創作という表現はアウトである。
(どこが引っかかるかはあえて言わない。)
※多くのWikiで二次創作と表現されているので、そこはご厚意と受け取ってます。

MADは創作か

二次ではないという時点で創作物ではないという定義が証明できます。

なお、MAD製作におけるジャンル、技術、手法はアイデアであって著作物には該当しません。

MADはクリエイティブか

個々の手法やアイデアに的を絞れば、創造性・生産性が立証できると考えていますが、固有の著作物から別の意味合いを生み出す行為は同一性保持に抵触するので、あまり大きな声でアピールないように。

私はこのテーマに長年悩み苦しみ、2002年頃に「マイケルジャクソン MAD」を作りました。当時、我々を「MADクリエーター」と表現しましたが、これは比喩のつもりで

我々はワルなのだ
MADは悪ではないがワルなのだ

という思いを込めて作りました。

(思いの外盛り上がっちゃたので、言う機会を逃してしまったのでここで書いときます・・・・)

第三のMAD

MADムービーは、取り扱うコンテンツコンセプトによって、大きく分けて5つの文化圏に分けることができます。また、メディアの特性によっても2つの系統に分けることができます。

動的コンテンツ

1.音声系(1982年~「New Mad Tape」)
2.動画系(1984年~「えとけっとビデオ」)
3.二次創作系(1981年~「DAICONⅣ」以降進化)

静的コンテンツ

4.静止画系1997年頃~)
5.FLASH系(2002年 2chでFLASH板設立)※ Flashは2020年サポート終了。

しかし、動的でも静的でもなく、どの文化圏にも属さないまったく新しいコンセプトの動画が近年現れました。

混合コンテンツ

6.新動画系(2003年~「Secret Waltz」)

動画・静止画・手描き素材を応用的に用いたミックスコンテンツ型のミュージックビデオ系MADムービーです。厳密には複合融合混合MADですが、ながったらしくなるので、 仮に「新動画系」と呼ぶことにします。

動画素材に静止画的手法を用いたり、アニメ動画とCG画像などを混合したり、キネティック・イポグラフィやモーションエフェクトを多用するなど、非常に高度な編集手法を用いるのが特徴です。中には手描きや3Dを用いるものも存在します。

2003年に軍魔氏&Piano氏が『Secret Waltz』を作ったとき、衝撃と同時にどう評価していいのか?困惑し長年もやもやしたものがあったのですが、コンテンツもコンセプトも違うものに、動画MADの物差しで評価などできるはずがなく、違う文化圏とすべきなのだろうという結論に至りました。

『Secret Waltz』が作られてから15年(早いね・・・)、2018年現在、最も多いジャンルの一つとなっています。当時としては衝撃的でした。

MADの分類

MADムービーには多種多様なジャンルがあり、いくつかの切り口によって分類分けすることができます。

文化圏による分類分け

扱うコンテンツとコンセプトによって、6つの文化圏に分けることができます。

1.音声系・・・・MADテープ・音MADなど音声主体のもの
2.動画系・・・・アニメーション・実写素材を用いたもの
3.静止画系・・・ゲーム・漫画などを用いたもの
4.二次創作系・・手描MAD等
5.Flash系 ・・・2chネタ由来などの創作系MAD ※2020年にサポート終了
6.新動画系・・・1~4のコンテンツを複合的に用いたもの 「第三のMAD」参照

ジャンルによる分類分け

大きく分けて下記の2系統7分類に分けられます。

ミュージック系

1)ミュージックビデオ系
2)オープニングムービー系

バラエティ系

3)コメディ系
4)コント系
5)ノンフィクション系
6)サブ映像系
7)カオス系

※コントとコメディ(喜劇)との違いは、「コメディは役者がやってコントは芸人がやるもの」とされる。
※なお、カオス系は2000年台に入ってから現れた新しいジャンルですが、それ以外の6系統については、1984年に「十二支団」が確立したものです。

 

編集手法による分類分け(37種類)

1)ミュージックビデオ系(9種目)

1.アニメ映像系ミュージックビデオ
2.実写映像系ミュージックビデオ
3.特集MAD【Feature】
4.複合MAD【Complex】
5.混合MAD【Mixing】
6.融合MAD【Ffusion
7.音MAD【Remix】
8.プロモーションビデオ系MAD
9.静止画MAD
10.実写MAD(踊ってみた系)

2)オープニングムービー系(7種目)

11.オープニングMAD(正統派)
12.オープニングMAD(ギャグ派)
13.ユニゾンMAD
14.実写MAD(オープニング)
15.手描きMAD
16.替え歌MAD(歌ってみた系)
17.替え歌MAD(Remix)

3.コメディ系(4種目)

18.CMネタ
19.字幕ネタ
20.MADニュース
21.ポリフォニー

4.コント系(7種目)

22.ネタMAD
23.コント番組
24. 空耳アワーネタ
25.サブタイトルオチ
26.吹き替えMAD
27.自作改造ゲーム
28.全く気付かないうちに になるシリーズ

5.ドキュメンタリー系

29.ノンフィクション
30.フィギュアMAD

6.サブ映像系(4種目)

31.オープニングビデオ
32.アイキャッチ
33.エンディングビデオ
34.広告用CM

7.カオス系(3種目)

35.カオス系MAD
36.日常系MAD
37. Flash MAD

 

まとめ

各分類の説明と、起点になるであろう参考ムービーを纏めました。
ご参考下さい。

MADの系譜.pdf