MADの起源(1973年)

~ 時系列 ~
1973年 MADの起源・・・・・「欽ちゃんのドンといってみよう!」
1976年 音声MADの登場・・・「奇知害低符」
1980年 tencho氏が学生時代にパロディ動画を実験製作
1984年 パロディの過渡期・・・「びすけっとビデオ」
1985年 MADビデオの登場・・・「十二支団ビデオ」

1)1973年 MADの起源「欽ちゃんのドンといってみよう!」

十二支団のtenchoさんがこんなこと覚えてらっしゃいました。

MADの起源は1973年頃からやっていたラジオ番組「欽ちゃんのドンといってみよう!」の中の「レコード大作戦のコーナー」が最初じゃないかと。これは視聴者が送ってきたネタを使ってレコードの歌詞を切り張りしたり、歌詞と欽ちゃんが掛け合いをしたりするものでまさにMADテープと言える。

ネタを集めた書籍も数巻発売されていたそうです。tenchoさんもこれに感化されて、当時カセットテープでいろいろ作った覚えはあるとおっしゃってました。

Youtube「欽ドン レコード大作戦(欽ちゃんのドンといってみよう)」

2)1976年 音声MADの登場「奇知害低符」

MADテープの起源は『アオイホノオ』にも掲載されており、有名な逸話となっています。 1976年、大阪芸大MAD島川ネトホヘル矢野(矢野健太郎)が作った「奇知害低符」が最も古い音声MADと言われています。

3)1984年 パロディの過渡期「びすけっとビデオ」

パンドラの箱とのこと。
聞いてはいけない。(察しのいい人は、想像がつくかもしれない・・・が)

ニコ生でなんか言ってたかも(´-ω-`)

4)1985年 MADビデオの登場「十二支団ビデオ」

1985年、近畿大学「企画グループ十二支団」が製作した「十二支団ビデオ」が映像として世に認知された最初のMAD動画。当時は「編集パロディビデオ」と呼んでおり、後にMADビデオという名で呼ばれるようになりました。
大阪芸大と近畿大学。この2校を中心とする関西地区の有志がパロディ文化を広めてきたともいえますね。