MADと著作権法、非親告罪でどう変わるか?

こういうタイトルをつけるとガッツリGoogleに引っかかるんですが、この記事を見ても見なかったことにして下さい・・・

この記事は、私の個人的な備忘録です。

あなたの胸の内でぜひ議論して頂ければ幸いです。

【民法】喧嘩の仲裁をする決めごと。
【刑法】喧嘩の決着がつかないとき白黒つけるもの。
【著作権】民法における知的財産権の一つ。
【親告罪】告訴がなければ公訴を提起することができない犯罪(刑法)。
【非親告罪】処罰を親告罪ではなくすること。

知的所有権における“権利”とは、著作者の得るべき収入であったり、ライセンス、発案物の第三者に対する対抗要件であったり、つまり他人に勝手に使われて本人が損失を被った場合、その利権者を守る為の法律です。

著作権が“罰する法律”に議論なりがちですが、喧嘩がおきた場合に仲裁をするのが民法の役割となります。

で、知的所有権法で非親告罪が適用されたらどうなるのか?

今までは損した権利者だけが訴えを起こす権利を有していましたが、非親告罪になるとどうなるかというと、誰でも訴えることができるようになるということです。

「あいつムカつくから訴える」というのもアリです。

ただし無作為に通報できるわけではなく、著作権法で違反される行為と目的が定義されています。

(目的)
行為の対価として財産上の利益を受ける目的(有償著作物等の提供若しくは提示により)著作権者等の得ることが見込まれる利益を害する目的。
(行為)
有償著作物等について、原作のまま複製された複製物を公衆に譲渡し 、又は原作のまま公衆送信[注 2]を行うこと。有償著作物等について、原作のまま複製された複製物を公衆に譲渡し 、又は原作のまま公衆送信[注 2]を行うために、当該有償著作物等を複製すること。上2つの行為は、当該有償著作物等の種類及び用途、当該複製の部数及び態様その 他の事情に照らして、当該有償著作物等の提供又は提示により著作権者等の得ることが見込まれる利益が不当に害されることとなる場合に限る。

今までは

  • 要は知名度が上がるからいいや
  • 告訴しても金かかるからいいや
  • 少額なのに膨大な事務手続きが発生するからいいや。
  • むしろ教育投資無しに未来を担うオタク育成に貢献してもらってるからいいや。

というのが日本の、いやオタク産業のスタンスだったのですが、欧米の文化は告訴してナンボ。

日本ゴルァ!何ヌルいコトぬかしてんのや!!

と物申してるのが

「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)関連法案国会審議」

という組織です。

「だって~、コミケでオタク産業が一番潤ってるしぃ~」と、時の安倍首相がいったとか言ってないとか。。。
だだこねて一部にしてもらったのが
「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」の見解です。

 

 

↓ここからは、わたくしの勝手なヒトリゴトです

結局のとこMADはどうなのか?

白か黒かは、我々が判断することではなく法が決めること。

抵触 ≠ 違反 ≠ 罪

MADは法に抵触はしているが、法が審判を下さない限り罪では無いと言えます。
が、これ以上の発言はここでは控えさせて頂きますm(_ _)m

例えば、逆過失相殺になった場合、つまりMADを作ることによって布教が促進され、利権者側があきらかに収入が増加したらどうなるのか?MAD製作者は債権(請求権)を得られるのか?

まぁ、そんなことないですけどね。。。
でも、それを訴えようとする人間を、世間は逆に訴えようとするでしょうけど。

まずは正しい知識を理解して下さい。
そんな感じです。

MAD編集者よ、胸をはってやれ!!
我々はオタク産業を支える影の編集師なのだ。

 

(2018/12/15 追記)

酔っ払ってて書いたので少し追記です・・・

欧米文化の「非親告罪」が取り入れられたら、日本文化の「ニコニコ動画」と、欧米文化の「YouTube」のどちらに優劣がつくかは言わずもがな・・・?

または「MAD上映会文化」が再び脚光を浴びる時代が到来するのでは?というのが私のシナリオの一つなのであります。

 

(参考LINK)
ノート:日本の著作権法における非親告罪化

著作物の正しい使い方&親告罪もしくは「二次創作は権利者が訴えなければ犯罪ではないのか?」

「2次創作、同人誌は非親告罪の対象外」 安倍首相が国会答弁で見解

コミケや二次創作ができなくなる!? 「著作権の非親告罪化」という大問題【山田太郎と考える「表現規制問題」第1回】

環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律

同人誌など二次創作物の著作権侵害、「非親告罪化」しない方向 文化庁委員会で議論