『おたくのMADビデオ』(はじおう)

デジタル媒体で初めてMADビデオを配布された方が 『おたくのMADビデオ』の“はじおう”氏 だったと記憶しています。はじおうさんは『おたくのMADビデオ1998』を最後にMAD編集から引退しましたが、MADビデオにおけるメディアの変革を起こしたことで有名となりました。

私が入手したのは『おたくのMADビデオ1998』で、それはDATA CD形式で配布されていました。それまでMADビデオというものはVHSメディアが主流で、MADビデオの存在自体、都市伝説の如く語られてきたものでした。

『おたくのMADビデオ1998』にはVHS版とCD版が存在しました。VHS版は数百本程度製作されCD版はそれほど数は作らなかったと聞いています。

しかし当時Windows98の爆発的にヒットが後押しし、そのいくつかのCDははコピーがコピーを生み、デジタルMAD編集を世に知らしめる存在となりました。

ノンリニア編集の先駆者しかり、動画切り抜きやインチキタイトルのテクニックも、これを見て皆真似をするようになりました。

電脳絵巻のインチキロゴの原点です

また「おたくのビデオ」を見るきっかけになったのも『おたMA』の影響であり、「Gロボ」が世に知られたのも、はじおうさんのおかげと言っても過言ではありません。MADムービーとは「布教」であると教えられたのも『おたMA』でした。

彼はこのことを知ってか知らずか、爆発的に拡散されたころには、既に世の中からは姿を消しており、噂は噂を呼び、当時最も有名な都市伝説となって後世に語り継がれていきました。

私がMAD製作を始めたのは1998で、奇しくも同じ時代を活躍することは出来なかったのが今でも心残りです。

と、いろいろ功績の多いはじおうさんですが、今思えば、彼は編集者として一流でしたが、それ以上に戦略家でした。彼から受け継いだことは、作風や技術ではなく、時代の先を見る視野の広さと、常識と変革を恐れない心でした。

はじおうさんには、引退後、何度かお会いする機会があり、公式に弟子宣言させて頂くことができました。

「東北は赤く燃えている!!!!!」

切り抜きの話

自動選択ツールを使って切り抜く方法

“自動選択ツール”を選択します。

削除したい色を選択すると、自動で選択範囲が作成されます。

[SHIFT]を押しながら他の色を選択すると、選択範囲が拡張されていきます。

おおざっぱに選択が完了したら “クイックマスクモード” に切り替えます。

選択された範囲は透明に、残された範囲は赤く表示されます。

“自動選択ツール” で消しきれない余分なヶ所を修正します。
赤いヶ所は消しゴムツールで消すことができます。

また赤い領域を追加したい場合は、ブラシツールで追加することもできます。
この作業は、タブレットがあるととても楽です。
(マウスでやると、腱鞘炎になること必死)

“クイックマスクモード”を解除すると、透明な場所が選択範囲として表示されます。

[Delete] を押すと、選択範囲が削除されます。

境界線がうまく切り抜けない場合は、選択範囲のツールの “滑らかに” や “境界線をぼかす” を適用すると、うまくごまかすことができます。

自動選択ツールを使用して画像を切り抜く方法(Photoshop CS6 ~ CC 2015)

マジック消しゴムを使って切り抜く方法

“マジック消しゴム” を選択します。

消したい色を選択すると、“自動選択” と “削除” が同時に行われます。

どんどん消していきます。

消しきれないヶ所が残ったら、“選択範囲を読み込む” を選びます。

ここで “選択範囲の反転” をするのがミソです。

“クイックマスクモード”にすると、画像が残っているヶ所だけ赤くなります。
先に説明した方法で、赤いヶ所を消し、その後削除をすると-

 

下記のように、対象の部分だけ残ります。

パスを使った切り抜き方法

直線的な切り抜きをしたい場合は、ペンツールを使ってパスを作ることもあります。(Photoshopのベジェ曲線が使いづらいので、この場合もっぱらClipstudioでやることがあります。)


 

コメント

「背景消しゴム」「マジック消しゴム」は、PhotoshopがCSシリーズになってから実装された機能だったと思うのですが、以前は自動選択によるマスク作成が主流でした。

では現在「自動選択」は何に使うのか?というと、一発できれいに抜けないとき、自動選択でざっくりマスクを作った後、手作業で補正していく場合などに使います。最近のアニメはノイズなど無いので、マジック消しゴムでズバズバ消していけるのですが、ノイズの多い映像や、暗い画像など、手作業でちまちま消していく必要があります。そのため、テレビが完全デジタル化される以前は、動画の切り抜きなど正気の沙汰ではなかったわけです。(当時それをマウスでやってた私は、腱鞘炎になりました。)

晩酌しながら執筆

某上映会も終わり、晩酌しながらニコニコでMAD見るのが休日の楽しみになってるyuuです。

サーバーもリニューアルして、サイト放置するのも勿体無いので、腐らせないように日記書こうと思います。

今日は池袋でさんざん試飲させてもらった「るみ子の酒 山廃備前雄町 無濾過生原酒」を頂きながら、ニコ動見つつ書いてます。

山田錦や八反錦も飲ませてもらったのですが、雄町が一番すっきりしてて旨かった!

実は酒米って、全国で100種類くらいあるそうなんですね。雄町とは日本最古の酒米で、芳醇で味わいのある酒に仕上がるのが特徴。

最近、米の好みまで出てきていかんいかん・・・

YouTubeに投稿してみた話

YouTubeに投稿した結果ー

・9割が削除される。
・1本UPできたが視聴者ゼロのまま1週間が過ぎる。
・タグをいろいろ追加して、ようやく数件カウンタが動いた。

YouTubeには、1分間に100時間もの動画がUPされてるそうです。そりゃ、UPする側から光の速さで履歴の底に埋もれていくわけだ・・・

ただ投稿しただけでは、土俵にすら立てないという・・・。
そこでSEO対策というスキルが必要になってきます。とにかく主張しなければ始まらない。なんとも資本主義らしい、欧米らしいシステム。

いったい、みんなはどうやって投稿して、どうやって見てもらっているんだ???大いなる謎・・・