アニメーション撮影の話

さつえい【撮影】

背景、被写体、可動パーツ、エフェクト、前景や小物のセル画を重ね合わせ1枚の画にする作業。以前はフィルムで撮影していた為こう呼ばれていたが、デジタルアニメでは動画と背景を合成してひとつの映像データにする工程が撮影と呼ばれている。

手書きアニメーションの撮影作業

行っていることは同じです。作成した背景(元のソース)、キャラクター、CG、前景素材、をAfterEffectsで重ね合わせ1枚の画を作ります。この作業を繰り返し1つの動画が完成します。

TVアニメーションは1秒24コマで制作されますが、1フレーム/1枚とは限りません。2フレーム/1枚だったり、スローシーンだと5フレーム/1枚だったりするので、動きを見ながら1枚づつフレームの長さを変えていきます。

「撮影」は動きの表現だけではなく、感情や印象を作り出す為の大事な作業の一つで動画作りと同じく根気のいる作業です。