Mad:CREATORS(解説⑩「企画」)

曲から決めるか、映像から決めるか

『gravityWall』曲名からして重々しくていいじゃぁないですか!いい!うん。
もちろん曲ありき、原作ありきのMADです。

インスピレーション

最初「Re:CREATORS」を、私は「二次創作者達」もしくは「再編集するもの達」と訳してしまいました。直訳すると「製作者への返信」となるようですが、まことしやかにささやかれる被造物達の元ネタ説が、MADとの因果関係を想像せざるを得ません。

制作方針

2017年現在、既に「Re:CREATORS」のMADは多数存在していたのですが、“これらを上回るものを作らなければならない”という使命に燃えて燃えまくってました。

思いつくアイデアは片っ端から入れて、私なりのお祭りMADを作ってみたかった。そんな感じです。

直面する課題

2カットだけ、どうしても差し替え不可能のカットがありました。アルタイルが登場する、この2カットです。

『アルタイル=初音ミク 説』ありきの企画だったので、そもそも“ミクのアニメ”を用意するこ自体不可能な話でした。

しかし、幸いなことに、アルタイルが登場するカットはこの2カットのみ。しかも顔のアップときたもんだ。これは描くしかない!!

人間できると思ったらできるもんですね。私、イラストすら描けない人間なのに、何考えてたんでしょう・・・

合計2秒間、48枚の原画を2ヶ月かけて描ききりました。まぁ、この話は別の機会で。